お問合電話:
049-234-5257
営業時間
(12〜17時 )
 水・日・祝日休 
 支払い方法確認

1.お届け時電子
 マネー払い
2.現金代引き
3.銀行振込
4.クレジットカード 
当サイトではプ
ライバシー保護
の為、SSL暗
号化通信を採
用しています。




安心・安全
の肉・野菜の仕
入先のご案内
   

  

高月肉まんの物語        お問い合わせ       会員登録    会員登録のメリット  マイページ


 美味しい肉まんを作るのが至難の業であることをごぞんじでしょうか?中国から肉まんの発源地

として、知られていますが、こんなに小さい(30g〜250gの重さが美味しく作るのがとてつも

なく難しいではないか?と誰か本当

にわかるだろう?幼い時から、肉まんやお饅頭も春夏秋冬にかかわらず、毎週食べてきました。これ

が台湾本土の食文化であります。

 朝  毎週何回か忘れたけど、必ず肉まんや、お饅頭(甘味の饅頭)を食べて、育てられました。そ

ういう食習慣で、故郷を離れても、常に美味しい肉まんを求めて、食べたい一心でした。

 しかし 人間の脳に刻む本当の美味しいものであれば、必ず、喉に刻まれる美味しさを忘れること

がないと思い、どこに行っても刻まれた憶に残る美味しい肉まんの味えお探し続けるであろう! 

 しかし難しいのです。中々世界のどこに行っても、あの忘れられない味が見つかることができなか

った。これも大勢の人々が経験したことではないか?肉まんにかかわらずに。

 自分の故郷を離れ、日本に来た私にとって、異郷の地に、相変わらずに、美味しい肉まんを探し続け

ていますが、横浜の中華街や、赤羽のセキネ肉まん、デパートの地下スーパーのPAOPAO等、美味

しい肉まんを買い続けていますが、確かにセキネ肉まんもこのすべての店舗の中に最も美味しいと

思いいていたが、やはり故郷の味と何か違いがあった。又 中国の大都市の北京、上海、古都の西安

や香港の肉まんを食べても、完全に時代が後退したような気がするのではないか?どこで、本当の

美味しい肉まんが食べられますか?

 でも よく考えてみると、人によって、それぞれの好み味があるので、美味しさの定義も人によっ

て、異なることではないか?と思いますので、又国柄により、味付けや食文化の違いで、必ず それ

が一番美味しいといえないでしょうね。

  従って もし幼い時に食べたあの肉まんの味を忘れることができなければ、なぜそれを覚えな

いでしょうか?しかしあの美味しい肉まんを作る方が、その秘密の味を教えてくれるはずがないの

ではないか? どうしたら、食べたい美味しい肉まんを覚えられるでしょうか?故郷の友人にお願い

して、アーポイントを取ってくれた。まさか色の好い返事が来た。「OK」だった。元々私とも面識があ

ったので、人柄も知られていて、あっさり承諾してくれたことを今でも感謝しています。それで、今の

高月屋には、美味しい肉まんをつくって、あの美味しい味を日本の人々に味わっていただきたいので

す。
  でも美味しい肉まんとは、どういう説明すればよいのか?只美味しいの一言だけでは、あんま

り失礼しますので、あの美味しい真髄を述べなければ、誠に美味しい物の伝道師と言えないではない

か?と思います。 よし 説明しよう! 単刀直入で、言えば、美味しい肉まんとは、美味しい皮があ

ってこそ、美味しい具が生かされると言うことに尽きます。美味しい皮がなければ、折角の美味しい

具でも完璧に美味しさを生かせないのです。

  私が常に友人に例をします。日本のコメが、熱い時でも、冷めても、美味しく食べられるので、駅

弁を食べても、美味しさを感じるが、台湾や香港や中国で、冷めた駅弁を買えば、只の満腹にし、美味

しさが感じられない。
 
   肉まんとも言えます。肉まんの皮が美味しければ、美味しい具材を合わせれば、更に美味しさが

アップになりますが、皮が美味しくないと、幾ら具材が旨くても、美味しい肉まんとは言えません。しか

し美味しい肉まんを作るのが到底簡単なことではない為、そこそこの旨さの肉まんを食べるのが現

実であり、たまにしか食べないのが、本当の美味しい肉まんを食べたことがなかった為でした。

  ということに対し、必ず美味しい肉まんをより多くの人々に召し上がっていただくために、又 一

度食べたら、忘れることがないように、心に誓いました。

  
  肉まんとは、生き物のように変化しやすい。温度差により、発酵の成功うあ失敗があり、美味しく

作るのが非常に難しいのです。台湾の天気が暖かく、湿度が高いので、発酵室がなくても、発酵できま

すが、日本なら、夏場でも、発酵室がなければ、発酵してこないので、非常に面倒な工程が必要な食べ

物です。私が何百回以上も、試作し、温度を試し、ベストラインに持っていこうとした。なにしろ、やる

以上、美味しくすなければ、意味がありません。
 
 さて どうでしょうか?一度台湾台南発高月肉まんを食べてみませんか?一度食べたら、や

みつきになるか?そして、一生にわたって、常に食べたい気持ちになるのか?喉に刻むその記憶が

常に記憶を基に、食べたくなるでしょうか?